レヴナントサーガ、トゥルーエンドクリア!感想は…

ケムコのRPG「レヴナントサーガ」のトゥルーエンドをクリアしました。

記憶が薄れないうちに、ネタバレなしの感想を、ちょろっと書いてみたいと思います。

スマホアプリ、レヴナントサーガのスクリーンショット画像

トゥルーエンドルートは、ひたすら長いラストダンジョンを1つクリアするだけ

トゥルーエンドでは、ノーマルエンドでは語られなかった4人の行方や結末が描かれます。

今作のトゥルーエンドルートはそんなに長くなく、長いラストダンジョンをクリアするのみ。

ラストダンジョンではイングヴァル君も登場します。FF5のギルガメッシュ的なポジションを狙っているだろうキャラクターですが、ストーリー的にはたいして存在感なかったね。

レヴナントサーガは、後半に行くにしたがってどんどんダンジョンが(無駄に)長くなるのですが、このトゥルーエンドダンジョンも例に漏れず。

集大成と言わんばかりの、ひたすら長いダンジョンです。正直たいして楽しくもないので、もっと短くして欲しかったけど、ここまでやったんだからクリアはしとこうという義務感でプレイしました( -д-)

スポンサードリンク

レヴナントサーガ、トゥルーエンドまでクリアしてみての感想

トゥルーエンドの内容は予想できたというか、まあノーマルエンドからの流れ的にそうなるんだろうね、という感じ。

意外なエンディングというよりは、ノーマルエンドで未解決になっていた部分をストレートに解決するような内容でした。

レヴナントサーガ全体がそうなんですが、善悪の概念や感情描写が薄っぺらいので、悪魔と神の違いって何?という深掘りできそうなテーマのわりには、ストーリー的に感動したり考えさせられることはありません。

良くも悪くも、子供向けのアニメっぽいお話。設定やストーリー上の突っ込みどころも多いです。

なんですが、登場人物たちのセリフに白けるほどでもなく、愛着が持てないほどでもないラインを保っているので、何も考えずにサクッと遊ぶRPGとしてはこれでいいんでしょう。

ポチポチゲーは飽きちゃったし、かといって何十時間もかかる本格的なRPGを遊ぶ時間はない。

でもなんかRPGっぽいものを遊びたいんだよ!ちゃんとエンディングを迎える充実感を味わいたいんだよ!という時にはちょうどいいボリュームと内容かと。

ストーリー的にもシステム的にも変に難しいところがなく、最初から最後まで一気にサラーッと遊べます。

定価で買っていたらちょっと期待外れだったけど、セール中に購入したので、お値段以上分(120円!)には十分楽しませていただきました。

やっぱり、1本のゲームをエンディングまでクリアできると充実感あるもんね。

短時間で手軽にRPGを味わえるのがケムコのゲームの良さだと思うので、また別のRPGをプレイしよっと(・∀・)