ケムコのRPG「ファナティックアース」が、キャラ絵濃いけどいい感じ!

こんにちは、独身OLです(・∀・)

今レギュラーでハマってるソシャゲがないもので、ずっと前に購入したまま積みゲー状態だったケムコのRPG「ファナティックアース」をプレイし始めてみました。

ケムコと言えば、携帯用RPGの雄としておなじみ。スマホでも、いわゆるスーファミ的なRPGを遊びたいならケムコでしょってくらい有名です。

最近は基本無料アプリも出すようになったけど、基本的に有料アプリがメインなので、知ってる人はガラケー時代から何作品もやりこんでるし、知らない人はまったく知らないんじゃないでしょうか。

スマホRPG、ファナティックアースのスクリーンショット画像

そんなケムコのファナティックアース。定価は800円なんだけど、確か100円だか200円くらいのセールになっていた時に買ったもの。

ストーリー性の高いRPGを求めてケムコゲームのレビューを読み漁ってた時に、

「キャラ絵は濃いけどストーリーはいいから!」

「キャラ絵は濃いけどゲームは面白いから!」

という主旨のレビューがやたらと多かったのが気になって。

うん、確かに絵は濃いわ。敬遠するほどでもないけど、これが好みで手に取るってものでもないかな…。

でも、王道ファンタジーが多いケムコRPGにあって、SFが舞台のRPGってところがゼノギアス・ゼノサーガ好きの独身OL的に惹かれるところがあり、試しに購入してみたのですよ。

購入してから半年くらい、積みゲーだったんだけどねー(´д`)

SF舞台のRPG「ファナティックアース」のストーリー

舞台は近未来。

宇宙から突如襲来したディアボロス細菌によって人類の70%は滅亡し、残された人類はシェルター都市「アメイジングシティ」を作って、その中で暮らしている…という設定。

主人公は記憶を失った男。

ある誘拐事件に巻き込まれたことで、アメイジングシティを裏で支配している巨大企業、B.S社との戦いに身を投じていく…というお話です。

B.S社っていうのは、FF7でいうところの神羅カンパニー、あるいはゼノサーガでいうところのベクターみたいなもんだと思ってください。

ストーリー的には、ガチのSFというよりは、巨大権力に立ち向かう刑事サスペンスものって雰囲気が強いです。

スマホRPG、ファナティックアースのスクリーンショット画像

アメコミ風の独特の濃い絵柄は、プレイし始めたらそんなに気にならなかった。

プレイしてると、だんだんみんな美男美女に見えてくるよ!

スポンサードリンク

スピーディーで無駄のないストーリー進行で、意外と夢中に

何気なくプレイし始めてみたファナティックアースですが、これが意外とテンポよく、初日からけっこうハマりました。

1本道RPGではあるのですが、イベントをひとつこなすとすぐに新たな展開が現れて、進行がとってもスピーディ!

意味のないお遣いイベントの連続ではなく、下地となる本筋のストーリーがしっかりしてるので、飽きません。

キャラクターの個性もハッキリしているし、言ってることもマトモでちゃんとしてる。

シナリオが残念なハズレRPGだと、登場キャラクターたちのセリフが薄っぺらくて、何言ってんのコイツ?と白けちゃうことってあるじゃないですか(…ない?)。

ファナティックアースはその点、キャラクターの言動にイライラさせられることがないし、ストーリー進行にも無駄がなくて、気持よくプレイできます。

これは…

確かに、キャラ絵で敬遠しなくてよかったー!

他のケムコ作品の傾向からして、おそらくクリアまでは10時間前後のボリュームじゃないかと思うので、クリアしたらまた改めてレビューしようと思います(・∀・)