レストラン経営アプリ、ウマすぎ!シリーズが面白すぎて3作一気にクリアしたの巻

こんにちは、最近いまいち個人的にピンと来る新作ソシャゲがなく、もっぱら有料RPGとか経営シミュレーションアプリばっかりプレイしている独身OLです。

新作はバンバンリリースされてるんですけどねー。ゲームが悪いんじゃなくて私がソシャゲに食傷気味なのかも。

さて、お正月にプレイしていた「本日開店!ウマすぎ食堂」がかなり面白かったので、その後、他のシリーズもプレイしてみたところ…

これもまた面白くて、あっという間にウマすぎ!全作クリアしちゃいました。

スマホアプリ、絶品!ウマすぎ食堂のスクリーンショット画像

最新作である「本日開店!ウマすぎ食堂」はどんぶりメニューのお店を経営するシミュレーションゲーム。

この後、2作目の「濃厚!ウマすぎショコラ」、1作目の「絶品!ウマすぎカフェ」と、シリーズを遡ってプレイしたので、3作それぞれの特徴と、各アプリをプレイしたレビューをお送りします(・∀・)

ゲームシステムは3作ともほぼ共通なので、ゲームの流れやシステム的なものについては、ウマすぎ食堂のレビューを参考にしてね。

本日開店!ウマすぎ食堂のレビューはこちら≫

濃厚!ウマすぎショコラはこんなゲーム

2作目は、チョコレートショップの経営シミュレーション。

スマホアプリ、濃厚!ウマすぎショコラのスクリーンショット画像

最新作に比べると、店内のキャラクターたちがかなり大きくイラストも大味ですが、システム的にはほとんど同じ。

3作目との違いとして、作ったメニューがショーケースに並ぶまでに待ち時間があります。

そのため、最新作に比べると若干テンポが悪いのですが、気になったのは最初だけで、プレイするうちに気にならなくなりました。

素材を集めてメニューを作って並べて売るっていう単純作業の繰り返しなのに、なんでこんなに面白いんでしょ。

濃厚!ウマすぎショコラはテーマがショコラなので、開発できるメニューはチョコレートやケーキなどのお菓子オンリー。

お客さんも女の子だらけで、雰囲気的にはかなりスイーツスイーツしています。

間違った原宿竹下通りみたいな独特なキャラクターイラストは好みが分かれそうですが、ゲームの面白さの前には、そんなものどうでもよくなりますから大丈夫。

ストーリーも付いていて、主人公のえみちゃん、友人以上恋人未満っぽい存在で大企業のボンボンであるりょうくん、りょうくんの元カノで美人モデルのアリサちゃんによる、中途半端な三角関係が展開されます。

恋愛ストーリーというほど恋愛しているわけでもないので、昭和っぽいイラストともあいまって、なんか渡る世間は鬼ばかりのような雰囲気。

最後は3人の関係に決着が付かず終わってしまい、かつ3作目はまったく独立した別ストーリーになっているので、続きがどうなるかは気になるところ。

ぜひ4作目を期待したいです。

スポンサードリンク

絶品!ウマすぎカフェはこんなゲーム

ウマすぎ!シリーズ1作目となる「絶品!ウマすぎカフェ」。

スマホアプリ、濃厚!ウマすぎショコラのスクリーンショット画像

なんか…えみちゃんが別人…!

いや、1作目なんだからこれが元祖なんだけど。3作目の時点でも、けっこうクセのあるイラストだと思ってましたが、1作目から比較するとずいぶん垢抜けたんですねえ…。

お客さんのリアクションも、かなり独特。かなり昭和。

ゲームシステムは1作目ですでに完成していて、1作目という古さを感じさせず、十分快適にプレイできます。

最初はコーヒーなどのドリンクのみですが、ゲームを進めるとサラダ、スープ、軽食、スイーツと、かなりいろんなジャンルのメニューが作れるようになります。

シリーズ初作でありながら、メニューのバリエーションはシリーズ中1番豊富。

丼メニューのみの3作目、スイーツのみの2作目と比べて、幅広いメニュー開発の楽しみがあります。

スポンサードリンク

ウマすぎ!シリーズ全3作の比較と特徴

3作どこから始めても問題なく、どれも同じくらい面白いウマすぎ!シリーズですが、一応各作の特徴を比較してみると、こんな感じ。

  • 3作目「本日開店!ウマすぎ食堂」
  • ゲームシステムの細かな部分が調整されて、非常に快適なプレイテンポ。
  • ストーリーは外伝的な読み切り、グラフィックや演出はシリーズで1番。
  • メニューは丼オンリーなため、ややバリエーションには欠ける。
  • 2作目「濃厚!ウマすぎショコラ」
  • 最新作に比べると若干劣るものの、十分快適なプレイテンポ。
  • ストーリーの起伏はシリーズ中1番。
  • メニューはほぼお菓子オンリー。凝ったメニューも多く、スイーツ好きには楽しい。
  • 1作目「絶品!ウマすぎカフェ」
  • ゲームシステムはすでに完成していて、2作目と同様快適にプレイ可能。
  • メニューのバリエーションはシリーズ中1番豊富。

すごいなあと思うのは、1作目の時点ですでにかなり面白いんですが、シリーズを重ねるごとに、グラフィックやシステム、プレイの快適度が確実にパワーアップしてるところ。

その意味では、最新作であるウマすぎ食堂が、ゲームとしての完成度は1番高いですが、特にどのシリーズからプレイを始めても支障はありません。

スタミナを気にせず、延々と遊び続けられるシステムといい、ゲームプレイの邪魔にならない広告配置といい、開発者さんの良心が感じられる良シリーズです。

これだけ丁寧に作っていると、開発にも手間と時間がかかるんでしょうが、1日も早く4作目を遊びたい!

ていうか、本音を言うとシリーズものどんどん量産して欲しい…!

ソシャゲに飽きちゃった人、スタミナを気にせずいつでもプレイできるアプリを探してる人、食べ物系・ショップ経営シミュレーションゲームが好きな人には、ぜひぜひおすすめするよ!(・∀・)