レストラン経営アプリ「本日開店!ウマすぎ食堂」が、延々ゆるゆる遊べて楽しい

あけましておめでとうございます(・∀・)

朝から着替えも化粧もせず、食べて飲んで寝て夜更かしして以下エンドレスリピート、というクズの見本みたいなお正月を送った独身OLです。

お正月ってね、1年で唯一公然とクズであることを許される日ですよね。

そんな私のクズ正月のお供をしてくれたアプリが、「絶品!ウマすぎ食堂」でございます。

スマホアプリ、絶品!ウマすぎ食堂のスクリーンショット画像

こちらはシリーズものでして、「濃厚!ウマすぎショコラ」「絶品!ウマすぎカフェ」という前2作も配信されてますが、独身OLは未プレイ。

アプリの存在自体は知ってましたが、昔の学習マンガみたいな絵柄があまり好みでなかったので、ジャンル的には好きなゲームだったけど手を出してなかったんですよね。

年末に最新作となるウマすぎ食堂がリリースされて、Appストアでもランキング入りしてたので夜更かしの暇つぶしになんとなくやってみたところ…

面白いじゃんこれー!(´∀`)

と、手のひらを返しまして、延々とやってました、ハイ。

ストーリーを追いかけるRPGのようなアプリではないですが、暇つぶしには最高のアプリです。

本日開店!ウマすぎ食堂はこんなゲーム

本日開店!ウマすぎ食堂は、放置系のシンプルなレストラン経営アプリ。

システム的には素材を集めて、料理を作ってお店で売ることを繰り返す作業ゲーです。

なんだけど、ゲームテンポが絶妙で、かつスタミナの概念がないので、暇さえあれば、もう延々とやってられるのですよ。

スマホアプリ、絶品!ウマすぎ食堂のスクリーンショット画像

こちらが料理の素材を集める農園画面。風車とか野菜とかのオブジェクトをタップかスワイプで素材を採集できます。

たいていのレストランアプリでは、この採集でスタミナを消費したり、1度採集ポイントをタップすると、再度素材が復活するのに時間がかかったりしますよね。

でも、ウマすぎ食堂では、採取からものの数秒で雨後の竹の子かモグラ叩きの如く、素材が湧いて出ます。

だからね、画面を見つめてると延々と素材の採集ができちゃうわけ。ぼんやりタップし続けてると、けっこうあっという間に時間を消費します。

スマホアプリ、絶品!ウマすぎ食堂のスクリーンショット画像

素材を集めたら、ヒントを見ながら組み合わせと調理法を決めてメニュー開発。

で、あとは好きなメニューをお店に並べると勝手に売れていきます。

料理が売れていくスピードもほどよく、素材集めを好きなだけできるので、このジャンルのアプリにありがちな「素材とスタミナが足りなくて何もできない」という手詰まりが一切起こりません。

これは快適(´∀`)

おかげで、その気になれば何時間でもプレイできてしまう中毒性があります。

しかもいつでも中断できるので、まさにスマホ向き。移動時間とか、ちょっとした待ち時間、複雑なゲームを遊ぶのが面倒な時に最適なアプリかと。

イラストは独特のクセがありますが、1作目と2作目に比べると取っ付きやすいタッチになってるんじゃないかな?

プレイしていて、普通に可愛いと思えるグラフィックで、あまり気になりませんでした。

一応ストーリーとエンディングもあり、ゲームを進めていくと、登場キャラクターによるちょっとした小話が入ります。

今年のお正月は短かったので、あんまりどっぷりRPGをプレイする気になれなかったのですが、良いアプリを見つけました。

クリアしたら前作、前々作もやってみよっと。

軽い気持ちでゆるゆると、延々と、ストレスなく遊べるアプリをお探しの人におすすめです。