ストーリー重視アプリレビュー:メルクストーリア

スマホアプリ、メルクストーリアのスクリーンショット画像

メルクストーリア 癒術士と鈴のしらべ

  • 配信元:Happy Elements K.K
  • ジャンル:ソーシャルRPG/ライン・ストラテジーRPG
  • 世界観:ファンタジー
  • ストーリー性:高
  • 基本プレイ無料

少女漫画みたいな絵柄を敬遠して長らくプレイしたことなかったんですが、もっと早く遊んでればよかったと思った1本。

シナリオの良さは、ソシャゲの中でも随一です。本編がまだ完結してなくてアップデートも遅いんですが、イベントシナリオが素晴らしいので許せてしまう。

ストーリー重視派のスマホゲーマーには、絶対におすすめ!

スポンサードリンク

メルクストーリアのストーリー評価

現行の基本プレイ無料ゲームの中では、おそらく最高レベルと思われるストーリー性。

全体的にほんわかしたメルヘンなムードですが、キャラクター1人1人の性格付けがしっかりしていて、登場人物の行動やセリフにきちんと気持ちが感じられます。

ゆるドラみたいに笑わせようと狙ってる感じがないので、素直に感情移入できるのも( ・∀・)イイ!

ちゃんと言葉で魅せて、読ませてくれる、良シナリオです。

スマホアプリ、メルクストーリアのスクリーンショット画像

スマホアプリ、メルクストーリアのスクリーンショット画像

シナリオパートはこんな感じで、キャラクターの立ち絵とセリフで進行。1クエストごとにシナリオがあり、ボリュームは十分。

人間とモンスターが共存している…というか、共存しつつある世界が舞台です。

主人公はモンスターを癒やすことのできる、癒術士という職業の少年。この世界では、癒やされたモンスターは人間を襲うことなく、人間たちと共存できるという設定。

ポケモン世界のファンタジー版みたいな感じって考えると近いかも。

画像上の左側にいるのは、主人公の家にいた不思議な少女、メルクちゃん。

ビンに入った水が少女化しているという不思議な存在で、メルクの素性を確かめるために2人は故郷を旅立つ…という話。

物語は、政治や戦争といった重いものではなく、人間同士の心の交流を丁寧に掘り下げた優しいムード。

これ、ワンピースが好きな人なら絶対好きなんじゃないかしら。

MOTHERやMOTHER2の、とぼけてるけど感動もある、あの感じが好きな人にもおすすめ。

残念ながら本編はまだ完結しておらず、アップデートのスピードも遅いんだけど…

それを補って余りあるのが、定期的にあるイベント。短編ながらシナリオ付き(※)で、このシナリオがまた全部素晴らしい!

※シナリオなしの報酬狙いイベントもあります。

課金してでも、過去シナリオ全部クリアしたいほどの魅力があります。

すごいなと思うのは、イベントを通じてかなりの人数の登場人物が出てくるのに、それが誰でどんな人物だったのかを鮮明に思い出せること。

あ、いや、名前は忘れたりもしてるんだけど、少なくともどんなキャラクターだったのかは思い出せます。

それだけストーリーやキャラクターが記憶に残ってるってわけで、これってけっこうすごくない?

スポンサードリンク

メルクストーリアの戦闘&システム評価

戦闘はいわゆるタワーディフェンス系。

スマホアプリ、メルクストーリアの戦闘画面スクリーンショット画像

癒力と呼ばれるポイントを使って仲間ユニットを召喚し、迫る敵を倒しながらゴールを目指します。

戦闘はオートで、ユニット固有のスキルとかはありません。

その代わり、1体につき1体のモンスターを装備させることができ、これがスキルの役割を果たしています。

ユニットは放置してるとひたすら敵に向かって消耗しちゃうので、癒力を使って支援したり、バックステップで待機&HP回復させたり、意外と見てるだけ~にはなりません。

いわゆるフレンド的なものは存在しないんだけど、代わりに救援というシステムがあります。

これは他ユーザーや、自分の手持ちユニットが戦闘中に助けに来てくれるというもの。救援を他ユーザーに呼びかけることもでき、時にはワラワラと大量のユニットが画面にあふれることも。

ちびキャラたちのデザインや動きが可愛らしく、操作もシンプル。万人受けするわかりやすい戦闘システムです。

ギルドバトルもあるんだけど、独身OLはギルドバトルには1回も参加したことがないので、スルーで。

ギルドの恩恵を受けるためだけに、ギルドバトル不参加で無言OKのギルドに所属してます。

私、ぼっちなんで。ゲームの中でまでチャットでコミュニケーションとか取りたくないんで。

メルクストーリアのやりこみ要素評価

メルクストーリアのクエストは、すべてに「ふつう」「ムズ」「激ムズ」の3つの難易度があります。どの難易度のクエストであってもシナリオは進行。

ゲーム後半の激ムズは本当に激ムズで、相当やりこんでないとクリアできません。さらに裏ステージなるものもあり、これまた激ムズ。

ただ、これらは既存ステージの難易度を上げただけなので、やりこみというよりは暇つぶしに近いかも。

メルクストーリアで最もやりこみが発生するのは、ユニットの育成。このゲーム、最高レアリティの★5の排出率が1.25%とかなり絞られてるんだけど、レアリティが高い=強いとは単純に言い切れません。

なぜなら、いわゆる限界突破が15回もできるから。

限界突破が難しい★5ユニットよりも、比較的限界突破させやすい★3をMAXまで育てるほうがやりやすい。

レアリティによるユニット性能差はけっこうあり、当然★4や★5のほうが基本スペックが圧倒的に高い。なんだけど、こいつらのレベル上限を上げるのはとんでもない労力がかかるので、これがまた悩ましい。

かつ、ユニット育成には大量のゴールドが必要なんだけど、クエストで入手できるゴールドは限られています。

あっという間にゴールド不足に陥るので、ここはもうちょっとバランス改善して欲しいかな~。

メルクストーリアのプレイ快適度

総じて快適です。メニューもわかりやすいし、グラフィックの演出を落としてアプリを軽くするなどの細かい設定もOK。

ちっちゃいキャラクターがワサワサモリモリ出てくるわりには、重くなったり落ちたりすることもありません。

メルクストーリアはこんな人におすすめ

  • ファンタジーの世界観が好きな人
  • 癒やされたり、感動できる読ませるシナリオを欲している人
  • のんびりじっくり、1本のゲームをやりこみたい人
  • MOTHERシリーズを愛する人
  • ONE PIECE(漫画)が好きな人