ストーリー重視アプリレビュー:大繁盛!まんぷくマルシェ

スマホアプリ、大繁盛!まんぷくマルシェのスクリーンショット画像

大繁盛!まんぷくマルシェ

  • 配信元:ASOBOX
  • ジャンル:シミュレーション
  • 世界観:ファンタジー
  • ストーリー性:中
  • 基本プレイ無料

食材を集めて料理を作り、販売して売上を稼ぐ経営シミュレーション。

シミュレーションと言っても操作は至極簡単で、シミュレーションというより放置系に近いシンプルさ。

なのに、すごく楽しい。

アトリエ系、牧場系、ルンファク系、ドット絵、料理といったキーワードに反応してしまう人には、ぜひプレイして欲しい、独身OL超絶お気に入りの1作です。

スポンサードリンク

まんぷくマルシェのストーリー評価

キッチンカーと呼ばれる屋台カーが集う世界樹のマルシェを繁盛させて、王国の王子さまが作った借金を返済するというストーリー。

主人公は王宮勤めの料理アドバイザーで、マルシェの6人のシェフたちに(奇抜な)新メニューのアドバイスをするのがお仕事です。

物語は、借金返済のメインストーリーの他、シェフたちとの交流を深めていくサブストーリー的なエピソードの2本立て。

経営シミュレーションがメインのゲームなので、ストーリー性はそう強くありませんが、グラフィックの良さとキャラクターの良さで、ぐいぐい引き込まれる面白さがあります。

通常ゲーム画面のドット絵が、スーファミ世代にはたまらなく魅力的。

01684b123b0c315d5538eea4ccd95a346ad076fa2e

シェフたちとの会話は立ち絵イラストで進行。

スマホアプリ、大繁盛!まんぷくマルシェのスクリーンショット画像

選択肢や複雑な親密度などはなく、ゲームを遊びこむほどに各シェフたちとのエピソードが解放され、それを読むという形。

システムとしてはシンプルですが、エピソードを解放するごとに各シェフの生い立ちや性格、なぜマルシェに来たのかというバックグラウンドがわかり、キャラクターへの愛着が深まります。

何より、6人それぞれが魅力的。女性キャラクターは素直に可愛らしく、男性キャラクターは憎めない。ルーンファクトリーシリーズをプレイしたことがあるなら、あの雰囲気に近いと思っていただければと。

かつ、6人とも出身国が違い、シェフとの交流を深めるほどに世界観も明らかになっていきます。

ゲーム中にはマルシェ以外の場所は登場しませんが、世界観がけっこうしっかり設定されているので、この世界観で続編か、ルンファク的なRPGがプレイしてみたい…。

有料でも買うんですけど、出ないかなあ。

スポンサードリンク

大繁盛!まんぷくマルシェのシステム評価

ゲームは食材集め→メニュー開発→料理販売、の繰り返しで進行します。

販売は店にメニューを並べておけば勝手に売れるので、プレイヤーが操作するのは食材集めと新メニューの開発がメイン。

スマホアプリ、大繁盛!まんぷくマルシェのスクリーンショット画像

こちらが一番たくさん目にすることになるであろう、食材集めの画面。

集めるといっても、すべてオートで進行するので、プレイヤーは最後に集まった素材をずらーっとスワイプするだけなんですけどね。

見てるだけなんだけど、ドット絵が可愛いのでなんだか楽しいし、不思議と飽きないのがスゴイ。

この食材集めにはスタミナを消費します。序盤はスタミナ上限が少ないうえに、すぐ食材が尽きるので、とにかくこまめに食材集めに出ることになりますが、プレイヤーレベルが上がってスタミナが増えると、だんだん余裕が出てきます。

スタミナは課金アイテムの金の卵で回復できますが、課金しなくてもまったく問題なくクリアできるバランス。

私はお布施のつもりで課金しましたが、後半は金の卵余りまくりでした(´д`;)

スマホアプリ、大繁盛!まんぷくマルシェのスクリーンショット画像

持ち帰った食材を組み合わせることで、新メニューの開発が可能。

開発は自由組み合わせもできますが、このゲームの料理は基本的に奇抜なので、カンや常識による組み合わせでは、まず開発はできません。

シェフとの親密とを上げると貰えるポイントを消費してヒントを聞き、そのヒントに沿って食材を組み合わせるのが基本になります。

攻略サイトを見れば全メニューの組み合わせが載っていますが、ゲーム自体の難易度が高くないので、素材集めやシェフとの会話を楽しみつつ、普通にヒントを集めても楽しいと思います。

スマホアプリ、大繁盛!まんぷくマルシェのスクリーンショット画像

販売もほぼオート。店に料理を並べておけば、シェフが勝手に売ってくれます。毎日目標が設定され、特定のメニューを一定数販売すると、課金アイテムである金の卵が貰えるボーナスも。

こうして食材集め→開発→販売を繰り返し、売上金額が一定に達すると、メインストーリーが進行する仕組みです。

大繁盛!まんぷくマルシェのやりこみ要素評価

メニューのコンプリートと、各シェフとのエピソードコンプリートの2つがやりこみ要素です。

すべての料理を開発しなくても、シェフとの親密度をMAXにしなくても、ゲーム自体はクリアできますが、普通にプレイしていればコンプリートは難しくありません。

失敗料理から一定確率で生まれる隠しメニューがあり、これを全種類出すのだけちょっと大変かな?

一応最後はマルチエンディングなので、全エンディングを見たければ、6人全員の親密度をMAXにする必要あり。

エンディング時に、親密度がMAXのキャラクターから1人を任意に選ぶことができます。

ただし、エンディングは意外とあっさりした内容。仲良しシェフとの濃いエピソードを期待すると、ちょっと肩透かしかも。

大繁盛!まんぷくマルシェのプレイ快適度

起動や動作が軽く、総じて快適です。

経営シミュレーションといっても、システムはかなり簡略化されているので、操作に迷ったり頭を使うようなことはなく、タップ操作のみで気軽に遊べます。

無課金だと画面上部にバナー広告が入りますが、ボタンやメニューにかぶるような配置ではないので、プレイの邪魔にはなりません。

食材集めに行くとき、ランダムに動画広告が入りますが、これは動画を見終わるとゲットできる食材が2倍になるというありがたいボーナス付きで、課金した場合でも表示されます。

これ、ゲーム序盤は特に嬉しいボーナスなので、むしろ毎回表示して欲しいくらい。快適度の妨げにはなりません。

大繁盛!まんぷくマルシェはこんな人におすすめ

  • ドット絵あるいは料理のイラストを見るだけで心躍る人
  • アトリエ系、牧場系、ルンファクなど、アイテム生成するのが好きな人
  • 気軽にほどほどの期間遊べて、でもエンディングはちゃんとあるゲームがしたい人