ガーディアンズ・ヴァイオレーション、2章までプレイした感想

フィールズのスマホ向けRPG「ガーディアンズ・ヴァイオレーション」、チマチマとプレイして今2章まで来ました。

スマホアプリ、ガーディアンズ・ヴァイオレーションのスクリーンショット画像

スマホアプリ、ガーディアンズ・ヴァイオレーションのスクリーンショット画像

ストーリー展開的には、まだまだ導入部分という感じ。

1章は、国を追われた主人公のシグルト王子が敵の目を逃れて隣国オステンベルク公国に身を寄せる、という、文章にすると1行で終わる程度の展開です。

今2章の途中までプレイしてますが、主要キャラクターが出揃い、ストーリー展開的にはここからが本番といったところ。

シナリオやキャラクターはしっかりしてるので、ぜひこのまま楽しませて欲しいです。

ガンヴァレ、戦闘中のムヨクがうるさい

2章までプレイしてみての感想は次のとおり。

  • 戦闘中に入るムヨクの声がうるさい。
  • 全体的な雰囲気は、幻想水滸伝の外伝に近い。特に、DSで出た幻想水滸伝ティアクライスによく似てます。
  • 戦闘はもうちょっとだけスピーディさが欲しい。
  • ストーリーはまだまだ序盤だけど、期待はできる。

システム的には、まず戦闘中のムヨク(ピンクのウサギ)のボイスがうるさいです。

別に声優さんが悪いわけではないんですが、黄色い声で延々とボイスが入るのは鬱陶しい…。

これ設定でOFFにできるようにして欲しいです。

あとね、ゲーム起動時のオープニングアニメも、毎回見せてくれなくていいので、ゲーム起動後の設定画面から再生するようにして欲しいなあ。

作った側としては主題歌付きで力入れて作ったんでしょうが、プレイヤー側としては1、2回見れば十分です。

戦闘システムについては、武器を振った後のモーションが長いので、もうワンテンポ早くならないかなあと。

1回目の攻撃から次の攻撃に映るまでの溜め時間・待ち時間が少し長い気がする。

ストレスになるほどでもない、ギリギリセーフのラインに入ってる感じですが、もうちょっとサクサク連打できたほうが爽快感があって嬉しい。

いまひとつテンポが悪いので、戦闘自体を楽しみながらレベル上げに打ち込むって気分になれないんですよね。

今は特にレベル上げをしなくてもメインストーリーを進められていますが、この先クエストの難易度が上がっていった場合、この戦闘テンポの悪さが障害になってくる気がします。

とまあ、細かく気になる点はありますが、ストーリーやキャラクターは良い感じなので、今後もプレイは継続するつもりです(・∀・)

ガーディアンズ・ヴァイオレーション、今後のアップデートで長く遊べる1本になってくれますように…。