SEGAの新作RPG「ケイオスドラゴン」を触ってみた感想。…これなんてチェンクロ?

SEGAの新作RPG「ケイオスドラゴン」のiOS版が配信開始されたので、ちょっと遊んでみました。

このケイオスドラゴンは、本格メディアミックスプロジェクトを謳っていて、アプリに先行してアニメが放送されてるのですが、そっちは見てません。

なので事前情報はほとんど知らないのですが、ストーリーテリングRPGなんて言ってるので、ストーリー重視の独身OL独身としては、これは一応やっておこうかと。

スマホアプリ、ケイオスドラゴンのスクリーンショット画像

で、1時間プレイしてみての感想は…

これなんてチェンクロ?

ケイオスドラゴン、システムやグラフィックはほぼチェンクロ

同じSEGAのゲームなのでそうなったんでしょうが、システム的にはほぼチェインクロニクル。

微妙な差異はありますが、この戦闘画面なんか、もろチェンクロ。デフォルメの3Dキャラクターのグラフィックも、チェンクロとまんま同じです。

※チェインクロニクルのレビューはこちら(・∀・)

スマホアプリ、ケイオスドラゴンのスクリーンショット画像

別に、同じことが悪いこととは思ってないのでいいんだけど、あまりにそっくりなので、新しいゲームをしている感覚がなかったほど。

シナリオパートの画面も、チェンクロそっくり!

スマホアプリ、ケイオスドラゴンのスクリーンショット画像

ん…?

この左側の黒マントさん、どちらの黒の軍勢様?

いくらなんでも同じすぎなのでは。

スマホアプリ、ケイオスドラゴンのスクリーンショット画像

こちらは町中でのシーンですが、チェンクロと違うのは、主要な登場人物たちがアニメーションで動いていること。

これ、画像で見ると静止画みたいですが、実際には手足や髪の毛がウニウニと動いてます。

アナログのイラストが動くアニメーションは、グランスフィアでもあったけど、これが最近の流行りなんですかねー。グラフィックとしてはとても美麗です。

他にも、武器や防具を装備させると、戦闘キャラクターのグラフィックが変わるなど、グラフィックに関しては、かなり芸が細かい!

私は装備品をいちいち全キャラクターに付けるのは正直面倒に感じてしまったのですが、アバター作成が好きな人には嬉しい機能だと思います。

スポンサードリンク

ケイオスドラゴン、気になるストーリーは?

さて、私的に一番の注目ポイントであるストーリー性ですが…

うーん、どうだろ(; ̄Д ̄)

まだ1時間しかプレイしてないので正しい評価はできませんが、あまり引き込まれるものはありませんでした。

主人公は記憶喪失の青年。

自分の名前以外は何も覚えてないけれど、普通の倒し方では消滅させられない魔物、ケイオスを倒して消滅させる力を持っています。

その特異な能力にいち早く目をつけた大商人の後ろ盾を受けて、ケイオスに侵食された世界を救う旅に出る…というお話。

これは王道設定だからいいとして。

問題はシナリオパートでのストーリーの描かれ方。

たまたま居合わせた人間がそのまま仲間になっていて、そのくせ出会ったばっかりなのに妙な仲間感が出されていたりと、なんかすごい唐突感が否めません。

スマホアプリ、ケイオスドラゴンのスクリーンショット画像

ストーリーを進めることで、人物相関図が作られていく仕組みなんかは面白いと思うんですけどねー。

でも、肝心の登場人物たちの心情や背景の描き方が浅いので、いまひとつ魅力を感じられません。

iOS版に先行して配信されているAndroid版のレビューを見てみると、ストーリーを評価する声が多いので、進めていくうちに良くなっていくのかなあ…?

経験的に、初回プレイ時の印象が後から大きく変わるってことがあまりないので、プレイ続行するか悩み中( -д-)

私の場合、過去にがっつりチェンクロをやりこんで満足してしまったので、よく似たゲームに食指が動かないってのもあるのかもしれないし。

ゲームとしての質は高いと思うので、気になった人は一度プレイしてみていいんではないでしょうか。

そして、ストーリーが面白かったら私にも教えて~(他力本願)!