ストーリー重視アプリレビュー:チェインクロニクル

スマホアプリ、チェインクロニクルのスクリーンショット画像

チェインクロニクル

  • 配信元:SEGA
  • ジャンル:RPG
  • 世界観:ファンタジー
  • ストーリー性:高
  • 基本プレイ無料

ポチポチゲーばかりだったスマホアプリの世界に、これぞRPG!というストーリー性の高いRPGをもたらしてくれた一作。

先を進めたくなるしっかりしたメインストーリーに加え、★1ユニットに至るまですべてのキャラクターに充実したサブストーリーが用意されて、ボリューム満点。

RPG好きには、真っ先におすすめしたいアプリです。

現在は第1部が完結して一応のエンディングを迎え、続編として第2部が配信中。

スポンサードリンク

チェインクロニクルのストーリー評価

第1部をクリア済みですが、最後まで楽しませてもらいました(´▽`)

スタミナ待ちが惜しくて、スタミナ回復アイテムを使ったゲームはチェインクロニクルの他にはそうそうありません。

スマホアプリというものを知ってから、まだ日が浅い時に始めたゲームだということもありますが、一時期がっつりハマりまくりました。

独身OLが初めて課金したソシャゲもこれだー!(・∀・)

スマホアプリ、チェインクロニクルのスクリーンショット画像

ゲームの進め方自体は、一般的なスマホゲーと同じ、クエストクリア形式。戦闘前後にシナリオパートが入ります。

これがけっこうボリュームがあり、しっかり読ませてくれる良ストーリー。

私が今までプレイしたスマホのソシャゲの中でも飛び抜けてストーリー性が高く、王道ファンタジーを堪能できます。

世界観は剣と魔法の王道ファンタジー。黒の軍勢と呼ばれる魔物に脅かされる世界で、人間と黒の軍勢との戦いが描かれます。

義勇軍のリーダーとして黒の軍勢と戦っていた主人公は、ある日、記憶喪失の少女フィーナに出会い、彼女の持つ不思議な本クロニクルを巡って、謎多き存在である黒の軍勢との戦いの核心に迫っていく…というお話。

主人公はドラクエタイプの喋らない主人公で、代わりに相棒である妖精のピリカが喋りまくります。

なのですが、チェインクロニクルの主人公は「ツカムくん(※)」の愛称でプレイヤーに愛されている珍しい存在。これって、かなりレアだと思うわ。

※名前の由来は、主人公が必殺技を出す時のセリフ「光をつかむ!」より。

チェインクロニクルを面白くしているもうひとつの要素が、全ユニットに設定されたサブストーリー。

登場するユニットのすべてに、ちゃんとボリュームのあるサブストーリーが用意されてるのです。このサブストーリーのシナリオも質が良く、進めるうちにキャラクターに愛着が。

特定のキャラクターを入手することで解放される、相当なボリュームのある外伝ストーリーもあり、プレイすればするほど、ストーリーに奥行きが出ます。

キャラクターごとに簡単なストーリーが設定されたソシャゲは他にもあるけど、シナリオの質・ボリュームの点で、チェインクロニクルが一歩抜きん出てると思います。

幻想水滸伝シリーズでは、もれなく108人集めてたぜ!って人は、きっとハマるでしょう。

スポンサードリンク

チェインクロニクルの戦闘&システム評価

戦闘は、いわゆるラインディフェンス。

スマホアプリ、チェインクロニクルのスクリーンショット画像

画面左側から侵攻してくる敵が、右側まで到達してしまったらゲームオーバー。

プレイヤーは、パーティ4人+フレンド1名をドラッグ操作で動かして、敵の侵攻を防ぎます。

ボケーッとしてるとタコ殴りにされたり、回復が間に合わなくてやられちゃったりするので、戦闘中はわりとせわしなく、各キャラクターに気を配って操作する必要あり。

小さいデフォルメキャラたちがよく動く様子が可愛らしいです。

操作は直感的で、戦闘ルールもそんなに覚えることがなく、とっつきやすいかと。

ソシャゲによくある5属性もありません。盾を持った敵には弓が効きにくいなど、武器同士の相性はありますが、プレイしているうちにすぐ覚えられるし、そこまで武器の相性に気を遣わなくても問題なく進められます。

チェインクロニクルのやりこみ要素評価

前述のとおり、キャラクターごとにサブストーリーがあり、かつキャラクターは増える一方なので、全部見ようとしても追い付かないほどのやりこみ要素があります。

キャラクターによっては、一定レベルに達したり、特定条件を満たすことで、複数のサブストーリーが解放されたりも。

おかげで、戦闘メンバーとしては使わないキャラクターでも、全ストーリー解放するまでは売却したくなくなり、でもプレイが追いつかなくてそのまま放置という積みゲー状態になっちゃったり。

イベントの開催も頻繁なので、凝り性の人やコンプリート意欲の強い人は、忙しい日々を過ごすことになるでしょう。

第2部配信後以降は、ミッションなどのやりこみ要素がさらに増えました。

第1部クリア後、しばらく触ってなかったんですが、このレビューを書くにあたり久々に起動してみたら、なんかすごい機能増えてたわ。

追加要素テンコ盛りでよくわからなかったので、そのままそっと画面を閉じたのでした。

しかし、第1部クリア後、2部が始まるまでの間に離脱しちゃった人は私の他にもたくさんいるようで…。フレンド一覧を見たら、軒並み引退状態でした。

みんな第1部クリアで完全燃焼しちゃったのか。今なら第1部クリア後、そのまま第2部に進めるし、すでに追加要素は実装済みの状態でスタートするので、そんなこともないと思うんだけどねー。

まとめると、チェインクロニクルのやりこみ要素は非常に豊富!ってことです。

チェインクロニクルのプレイ快適度

ソシャゲの快適度は運営で大きく左右されるので、私がプレイしていた頃と今とでは事情が違っている可能性もありますが…

チェインクロニクルの課金アイテムである精霊石の配布やガチャチケットの配布が頻繁にあり、無課金にもかなり優しい運営でした。

ガチャの排出率も、最高レアリティのSSRが7%、SRが20%と良心的。

キャラクターの強さは完全なレアリティ依存で、ストーリー後半に行くと、SRやSSRがいないと戦闘がかなり厳しくなります。

でも、イベントやアイテム交換でもSRキャラクターを入手できる機会が豊富にあり、かつガチャを引ける回数も多いので、長期間プレイしていれば、無課金でもSR以上のパーティーを作るのは簡単。

チェインクロニクルでは、課金はゲームを進めるために必要というより、お気に入りキャラクターを入手するためのコレクション的な意味合いのほうが強いかと。

なんたって新キャラクターを入手する度に、新ストーリーと新クエストが解放されていくので、追加要素を購入するってのに近いかもしれない。

チェインクロニクルはこんな人におすすめ

  • ポチポチゲーじゃない、ちゃんとしたRPGを遊びたい人
  • 幻想水滸伝みたいに、多数の人物の思惑や背景を掘り下げた、群像劇的なストーリーが好きな人
  • 長くじっくり遊べるスマホゲームを探している人