シナリオが売りらしいSRPG「新約アルカナスレイヤー」をプレイした感想。面白い…のかな?

MiMiのスマホ向けSRPG「新約アルカナスレイヤー」をプレイしてみました。

スマホアプリ、新約アルカナスレイヤーのスクリーンショット画像

内容的にはいかにも王道ファンタジーっぽかったのですが、シナリオに力を入れているような謳い文句だったので、事前登録していたゲームです。

私は詳しく存じあげなくて恐縮なんですが、鏡貴也氏という著名なシナリオライターさんを起用しているとかで。

でね、配信初日にプレイしてみたんですが、個人的にはなんか微妙っていうか、評価するにも中途半端っていうか。

面白くなくはないんだけど、面白い…のかな…?

という、何とも言えない感想でございました。

以下、簡単にゲーム内容とレビューを載せておきます。

新約アルカナスレイヤーは、全体的にスーファミ初期の雰囲気が漂うSRPG

新約アルカナスレイヤーは、剣と魔法の王道ファンタジーを舞台にしたSRPG。

強大な力を秘めた聖剣を巡って各国が争い、主人公もまたその力と争いに飲み込まれていく…というストーリーです。

スマホアプリ、新約アルカナスレイヤーのスクリーンショット画像

こちらはシナリオパートの一幕。

イラストは正直、そんなにクオリティ高くありません。スーファミ初期のRPGのパッケージイラストみたいなタッチです。

これはこれで懐かしい味があるし、シナリオが良ければ別に気にはならないんですが。

肝心のストーリーのほうが、うーん…?って感じ。

チュートリアル突破後、1章のクエストをしばらくプレイしてみたのですが、セリフもそんなに引き込まれる感じはなく、なんかチープというか、幼稚に感じてしまいました。

展開や言葉使いが中高生向けって言うんですかね、かなりヤングでライトな印象です。

少なくとも、大人向けの重厚なストーリーである気配はしない。そういう点でも、初期のスーファミっぽさが漂ってます。

スポンサードリンク

タクティクスバトルの操作性はまずまず。スマホでも操作しやすいSRPG

戦闘システムは、マス目に並んだキャラクターを動かして戦うシミュレーションバトル。

スマホアプリ、新約アルカナスレイヤーのスクリーンショット画像

タクティクス系のSRPGって、キャラクターの向きを毎度指定して戦いますよね。

この細かい操作をスマホでやるのって、けっこう面倒だなと思うんですが、新約アルカナスレイヤーでは、フリック&タップで簡単に向き変更や攻撃ができるようになっていて、戦闘操作はなかなか快適。

キャラクターの攻撃範囲も広いので、一度に複数の敵キャラをまとめて攻撃できるのが爽快です。

面白いのは、攻撃範囲を自分でカスタマイズできるところ。

新約アルカナスレイヤーでは、ガチャで引くキャラクターに、戦闘時の武器の攻撃範囲が設定されています。

1キャラクターにつき3枚までガチャキャラを装備させることができ、その組み合わせによって戦闘時の攻撃範囲が変わるというシステム。

ガチャキャラの持つステータスが攻撃力や防御力だけでなく、攻撃範囲にまで反映されるってのは、けっこう新しいかも。

弱くても攻撃範囲が広くて有利なキャラとかがいれば、レアリティに依存しない編成もできるわけで。

これはもう今後の運営の手腕次第だと思いますが、ガチャキャラのステータス設定が上手ければ、かなり戦略性のある戦闘システムになるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

新約アルカナスレイヤーの微妙なところ

戦闘システムはなかなか快適なのですが、一方で気になる点もいろいろあります。

  • ナビゲーターキャラクターのしゃべり方がバカっぽくてウザい
  • ローディング時間が長い
  • 全体的にテンポが悪く、もっさりしてる

1つ目は単に個人的な好みですが、ナビゲーターキャラクターの「~ですねー」とか、いちいち語尾を伸ばす話し方が、アラフォーに近いアラサーである独身OLにとっては鬱陶しいです。

なんか…イラッとする。

(若さへの僻み?)

あとはゲーム全体におけるテンポの悪さ。

何をするにもローディングが入るため、動作が重たく、けっこうな待ち時間が発生します。

クエストの進行時の告知の入り方なども、別になくてもいいんじゃないの?という演出が多くて、どんどんプレイしようって意欲が失せちゃう(´д`;)

今後のアップデートで改善されればいいのですが、現時点では総合的に見て快適とは言いがたい。

なんかポテンシャルはありそうなんだけど、気になる点のほうがそれを上回ってしまい、結果あんまりプレイしようという気が起きないゲームというのが第一印象です。

というわけで新約アルカナスレイヤー、今後に期待、という一言がよく似合うアプリでした。

気になる人は、ぜひ自分でプレイして確かめてみてね(・∀・)